NEW  |  HOME  |  OLD

任意のy=f(x)を反射面として反射

4/8
23:07 (mapelao) 任意のy=f(x)を反射面として反射するレーザーを作ろうと悩んでいた。結局無理だった
23:07 (mapelao) 曲面を反射面にするの夢だったな
23:07 (blue-eyes) 結構難しいですねぇ
23:08 (mapelao) 整式でもなかなかハードなのよねこれw
23:08 (blue-eyes) わかるw
23:08 (hourai) ただの反射レーザーなら出来ましたけど
23:08 (hourai) 任意
23:08 (hourai) 任意の反射は試したことないなぁ
23:09 (blue-eyes) 跳ね返り先の角度が分かればワンチャン・・・?
23:09 (blue-eyes) 反射板と接する角度
23:09 (blue-eyes) そしたらその反射板と接する角度と垂直になる角度を算出して
23:10 (mapelao) xを10刻みで増やしてって、y値の大小関係がひっくり返ったところを反射面として返してたな
23:10 (blue-eyes) その反対側になる角度・・・つまり角度差分の倍が逆から突っ込んでくる場合の角度
23:10 (mapelao) 1次関数はそれでやったんだけど、それ以降が難易度高い
23:10 (blue-eyes) 1次・・・?
23:11 (blue-eyes) 2次の場合ってのはどういうことなんです?
23:11 (mapelao) 計算が複雑化する
23:11 (blue-eyes) いえ、どういう状況下に置かれると2次化するのかなーって
23:11 (mapelao) 要は解がない場合が存在するから、反射の実行の是非から。
23:12 (mapelao) 判断しなくちゃならなくなる
23:12 (blue-eyes) うーん、普通のレーザーなら、相手が180度じゃない限りは跳ね返ると思うんですが
23:12 (mapelao) ん、いやだから、2次関数に向かってレーザーを照射して、その2次関数の任意の点を反射面にして跳ね返す
23:13 (blue-eyes) ほむ。。。
23:13 (mapelao) で、そもそも画面内で2次関数にぶつからなかったらレーザーの反射フェイズをスキップする必要がある
23:13 (mapelao) これがとてもややこしい
23:13 (blue-eyes) 2次関数のグラフの形をした凹凸面鏡に対してレーザーを撃ちこむ、と?
23:14 (mapelao) うん、たとえばそう
23:14 (blue-eyes) なるほど・・・でも命中出来ない場合?
23:14 (blue-eyes) どういう場合に命中しない場合があるんです?
23:15 (mapelao) 例えば2次関数に直線をぶつけようってなったら、そもそも交わらない場合があるじゃん?
23:15 (blue-eyes) レーザーを1次関数のグラフの一部として扱う場合、それが互いに交わらない場合、ということですか
23:15 (mapelao) そうそう
23:15 (blue-eyes) それが互いに交わらない場合がある
23:15 (blue-eyes) あーなるほど
23:15 (mapelao) これが2次関数ならまだ計算可能だからいいけど、もっとでかい関数になると、もう計算ではどうにもならないから、Xを10刻みで動かして、y値の大小関係のひっくり返るポイントを虱潰しで検索するしかなくなる
23:16 (blue-eyes) あー・・・
23:16 (mapelao) で、どこでそれをやめるか
23:16 (mapelao) 画面外で反射して画面内に戻ってきたらどうするか
23:16 (mapelao) その場合どこまで画面外を想定すればいいか
23:16 (mapelao) そこまで考えて、考えるのをやめた
23:16 (blue-eyes) そもそも交点が複数ある場合、どちらが先に命中する側になるかの産出もいりますからねぇ・・・
23:16 (blue-eyes) 死ねるw
23:17 (mapelao) 2次関数とわかっていれば、個別に算出すればいいだけの話なんですが、任意の関数となるともう虱潰しで検索するしかなくてw
23:17 (blue-eyes) 相手の関数解析も楽じゃないですからねぇ・・・
23:17 (mapelao) で、よくよく考えたら、N次関数に反射させたことで、得られるメリットって・・・薄すぎねぇ?みたいなことになり、断念しました
23:18 (blue-eyes) そもそも相手が関数ですらない場合(ボソッ
23:19 (mapelao) そうなると、X値とY値が一対一対応じゃないから判断材料が消滅してしまうww
23:19 (mapelao) 円に反射とかドMすぎるわなw
23:19 (blue-eyes) 死ぬwwwww
23:20 (mapelao) 正値と負値で半円2つとすればギリッギリ関数として見れるけれど、それでもつらいことこの上ない
23:21 (blue-eyes) まぁやってられませんねぇ、というか
23:21 (blue-eyes) 仮に当たったとしても反射しないトラップが稀にあるでしょうし(
23:21 (Oracle) 直線と円の反射・・・?
23:21 (blue-eyes) 接線(
23:22 (blue-eyes) なんか時報鳴り始めた(
23:22 (blue-eyes) 誤差でかすぎて草(
23:23 (Oracle) ああ、任意の二次関数か
23:23 (blue-eyes) いえ
23:23 (blue-eyes) 任意のN次関数
23:23 (blue-eyes) (
23:23 (blue-eyes) 死ぬ(’
23:23 (mapelao) 円に直線Lをぶつけた時に、円と直線の交点を接点とする接線Mを反射面と見なし、この反射面に直線Lと対応する直線L'を描く時、この直線Lを求めたい
23:23 (Oracle) 正気じゃねーな・・・
23:23 (mapelao) L'
23:24 (blue-eyes) でもMUGEN上でも何気ない形でそういったマジキチプログラムをしょい込んだキャラがたまーにいるから困る(
23:25 (blue-eyes) まぺさん視点で見ればさっきの2ndミストに搭載したあの技もそう見えたはず(
23:25 (Oracle) 一定ラインで直線結んで線分チェックするしかねーな
23:25 (mapelao) うん、そう。まさにオラクルさんの言うとおり
23:25 (Oracle) 範囲が指定されてねーからなあ
23:25 (Oracle) 円だってこうするしかねぇ
23:25 (mapelao) X値を10刻みで増やして、Y値の上下関係のひっくり返るポイントを探して、あったらそこで反射
23:26 (mapelao) 円の場合は、そもそもXとYが一対一対応じゃないので、上下半円2つを独立の関数とみなして、この2つの関数との接触状況を調べる必要がある
23:26 (mapelao) 流石に心折れちゃいました
23:27 (Oracle) 弾幕風でやるとクソめんどいだろうなあ
23:27 (mapelao) そもそも成功したとして、ものっそい数のループ使うことになるので、めっちゃ重そう
23:27 (Oracle) ポリゴンだと大分楽に計算できるんだけどなあ
23:28 (blue-eyes) ほぇー

NEW  |  HOME  |  OLD

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://kyoakumugenirc.blog61.fc2.com/tb.php/2915-a5022c76

NEW  |  HOME  |  OLD

 検索フォーム


 全記事表示リンク

 全記事表示(500件ずつ)


 プロフィール

vesper

Author:vesper

IRCチャンネルの
#凶悪MUGEN
#凶悪MUGEN_雑談
のログからMUGENに関するものを編集・公開しています。
修正した方が良い箇所があった場合は知らせてもらえると助かります。
MUGEN界隈からはリンクフリーです。
その他からのリンクはご遠慮ください。
このブログをリンクに追加

IRCへの入り方などは
IRCに関する記事
をご覧ください。

簡易凶悪MUGEN IRC情報
・ホスト名
 [irc.friend-chat.jp]
・ポート番号
 [6664]
・チャンネル名
 [#凶悪MUGEN]
 [#凶悪MUGEN_雑談]
 (以下はお好みで)
 [#凶悪MUGEN_艦これ]
 [#凶悪MUGEN_スマブラ]
 [#凶悪MUGEN_麻雀]
 [#凶悪MUGEN_緋想天]
 [#凶悪MUGEN_アカツキ]
 [#凶悪MUGEN_小説]
 [#凶悪MUGEN_絵チャ]

・推奨IRCクライアント
 LimeChat2


 カテゴリ

記述の子カテゴリは目安程度に考えてください。

 最新コメント


 最新記事


 カウンター

累計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:

 RSSリンクの表示


他ブログ更新情報(最新70件)

仕様上、下記のリンク一覧でサイトリンクにあるサイトはこの一覧に出ません。

Twitter


基礎リンク集


リンク

サイトに断り書きがない限りリンクさせてもらっています。
リンクしてほしくない場合はお気軽におっしゃってください。